2009年ですね


レム:「新年ですよ!」 ルル:「ぜんいんしゅうご〜う」 拓 :(テンション低いな……) レム:「ダメダメ! そんなんじゃお客様引いちゃうよ!」 拓 :(おまえのテンションの高さにもドン引きだろうよ……) ルル:「ん。がんばる」←真剣 レム:(頑張っちゃうんだ……) ケリ:「あぁもうじれったいな! あんなやつらに任せておけるか! 行け!」 モモ:「煤I わ、わたし?」 ココ:「煤I げ!」 ケリ:「ご ちゃ ご ちゃ 言 わ な い !」 ココ:(背後に灰色の悪魔オーラが見える……) モモ:「あ。ねえねえ、あれルルちゃんだ! 久しぶりだ〜vvv 元気だった元気だった?  ほらほらコーちゃん挨拶挨拶! 新年のあいさつあいさつ!!」 ルル:「煤I わ、わ、た、たく!//////」 拓 :「(テンション高いのはお互い様か……)ほら、照れてないで行って来い……」 レム:「女の子って可愛いよねえ」 拓 ;「いきなりじじくせぇなお前」 レム:「ロリコンに言われたくないよ」(にっこり) 拓 :「狽トめ……っ!!」       *閑話休題* ケリ:「えー……ものの1分で話の方向性を見失うメンツですが」 拓 :「ってか薬屋に正月はあるのか? 休んでただろお前の店」 ケリ:「正月? ないわよ? ただ単にサボってただけ」(けろっ) 拓 :「!!!」 モモ:「ショウガツとはなんですか?」 ココ:「お店がらみだから、なんかの商品なの?」 ルル:「……??」 モモ:「……えー、と?」 ココ:「……知らないみたいよ。首傾げてるし」 レム:「ショウガツは、東で言う所の新年だね。東では昔”月”を暦の基準にしていたから、     新年の始まりを特に”正しい月の始まり”としてお祝いしたそうだよ。     それが東で今いうところの正月にあたるわけだね」    (管理人の家庭ではそういうことだろうという結論になりましたが、諸説あるようです) ケリ:「へー」 ココ:「ふーん」 モモ:「なるほど」 ルル:「……」 レム:「…………なんかもうちょっと濃い反応が欲しかったなー     お兄さん……||||||||||」←ヒドイ落ち込み 拓 :「ってことは正月三が日も休みって訳じゃないんだな、他の地では」 ココ:「うちの店はただケリーの怠惰で休みだっただけよ」 モモ:「そうそう。すごく急ぎのお客様が来ない限りは休みだったの」 ケリ:「ま、そんなお客様は来なかったけどv」 拓 :「……客が来ないのに喜んでて良いのか……」 モモ:「今朝もうバルシュさんが来て、昨年滞っていた分のツケを払っていって     くれたので、機嫌が良いんです」 ルル:「……(ツケって何だろう……)」 拓 :「……ていうか、まーだ落ち込んでるのかあいつは」 レム:「ちょっと今話しかけないでスゴイ落ち込んでるからボクが」 ケリ:「煤I ちょ、あいつ苔生えてる! 苔!!」 ルル:「焔<en>(ぼそ)」 レム:「あづっ……!!!」 ルル:「ご、ごめんなさい。苔なら燃やせばいいかと思ったんだけど……」(おろおろ) ココ:「モモ、見なさい。あれが”踏んだり蹴ったり”ならぬ、     ”落ち込んだり燃やされたり・ラジバンダ●”!」 モモ:「煤I(まさかのパクリ?!)」 拓 :「……ルル、手加減くらいしてやれ……」      *閑話休題・2* ケリ:「……えー、また話の方向性が分からなくなってきましたが」 ココ:「今年の年賀に登場したのは誰か、だよ」 拓 :「え。いつそんな話題が出てたんだよコラ」 モモ:「でも気になります! 黒髪美人でしたよね。男女の区別は……     残念ながら付きませんでしたけどv」    (まぎらわしい描き方しか出来ない管理人で申し訳ありません) ルル:「あれ? 拓がちょっと出かけてたのは、撮影に行ったんだと思ってた……」 ケリ:「ふうん。年賀はなぜかしょう油顔のアンタが多く登場するけど、     まさか今年もだったとはねえ」 拓 :「ご、ごかいだって! ってか俺出たのは1回だけだろうが!」 モモ:「誤解のないように、集計してみましたv 発表しますv     記録に残っている最古の年賀絵は、2005年のこちら。(別窓が出ます)     これにはコーちゃんと私が参加していました」 ココ:「そうだった。慣れない服着て面倒だったな……」 モモ:「翌年2006年には、こちらですが、……誰?」 拓 :「……俺じゃねえぞ。大体そいつ女だろう?」 ケリ:「――それ、ヴィオール」 モモ:「煤I ええええええええええ!」 ココ:「煤I ええええええええええ!」 拓 :「煤I ええええええええええ!」 ケリ:「……何よ、みんなして……」 拓 :「だってその時アイツ名前すら決まってなかっただろうがよ!」 ココ:「ってかその前に、ビジュアル変わってるよ!」 モモ:「茶髪だと思ってましたけど!」 ケリ:「……アタシだってなんでヴィオールが出てんのか気になってたわよ!」 ルル:「……(これが噂の逆切れ……!)」    (”女剣士”を描いたつもりでしたので、実はこのキャラとしては存在していません。     このテーマにあてはまるのは、今のところヴィオールだ、ということです) モモ:「2007年のこれは拓さんとルルちゃんですね」 ルル:「着る枚数は多かったけど、基本的には動きやすいようにしてくれたみたい」 拓 :「俺は全然問題ない」 ココ:「多分、私のときにすごいブーイングしたから、改良したんでしょ」 拓 :「無視かよ」 ケリ:「柄が入ってるのね」 ルル:「千代紙から取ったんだって、自慢してたよ、管理人」 拓 :「千代紙……」 モモ:「そして昨年2008年はこちら。コーちゃんピンナップだったんだね」 ココ:「そうか、あれ去年か」 ケリ:「帯びに凝ってたんだっけ?」 ルル:「でも、柄を入れたわけじゃないみたい……」 拓 :「凝ったのは形だけみたいだな」 モモ:「そして今年のイラストとなるわけです」 拓 :「ん? すると俺が1回、そこのピンクいのが1回、ヴィーが1回、ルルが1回、     で、そこの黒いのが2回じゃないか?」 ココ:「ホントダ」 モモ:「じゃあ、責められるべきはむしろコーちゃん?」 ケリ:「……じゃ、仕方ないか」 拓 :「ヲイコラ」 ココ:「ケリーは身内には優しいんだよね」 ルル:「――じゃあ、今年の年賀は誰なの?」 全員:「……………(沈黙)」 拓 :「黒髪、だよなあ」 ケリ:「私よりは年下だから、15かそこらよね」 モモ:「東の服がよく似合ってますv」 ココ:「赤が映える顔立ちしてるよね」 ルル:「――あ」 レム:「革ちゃんじゃない?」 拓 :「ああ。なるほど」 ルル:「やっぱり」 ケリ:「誰」 ココ:「カク?」 モモ:「人の名前、ですか?」 ルル:「詳しくは、別館にて」 ココ:(さりげなく宣伝?!)      ** レム:「ようやく立ち直ってきました」 ココ:「新年早々、落ち込んでばかりもいられないしね」 ルル:「遅くなりましたが、あけましておめでとうございます」(ふかぶか) 拓 :「今年も何卒よろしくお願い申し上げます」 ケリ:「あんたも丁寧にしゃべろうと思えばできるんだね」 拓 :「うるせぇ」 モモ:「こんなメンバーですが、頑張ってまいります」 拓 :「ああ、そうだ。イラストを見に来たあなたにはこちらを」 ルル:「そうだった、マンガを見に来たあなたにはコチラを」 レム:「意見や感想はyukiya_sunshine1201★hotmail.comの星を@に 変えて送信して下さい」
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット